タイ式マッサージのこと

タイ式マッサージはタイ伝統医療の一つで、現在タイでは病院やクリニックにて代価医療として使用され、大変親しまれています。

 

タイ式マッサージの創始者はブッダの主治医であったとされるシワカ・ゴマラパという事からも分かるようにインドを起源としています。仏教と共にタイに伝わり、中国医学などと混ざり合いながら今の形が確立されました。その歴史は2500年にも及ぶのです。

 

タイ伝統医学では、人の体には72000本もの生命エネルギーが流れるライン「SEN-セン-」があると考えられています。タイ式マッサージではこの「SEN-セン-」の主要な10本に沿ってマッサージすることで、生命エネルギーの流れを良くし、本来身体に備えられている自然治癒力を回復させることができるとされています。

 

指圧とストレッチを組み合わせながら、全身をゆっくりと丁寧にほぐしていくタイ式マッサージは、「世界一気持ちのいいマッサージ」や「二人でするヨガ」などと言われています。リラックス効果が高く、自律神経の乱れを整え、血行が良くなるという効果が科学的に証明されています。

 

究極の癒しをどうぞご体験下さい。